有効成分シルデナフィルの働きについて
カマグラゴールドの有効成分は、バイアグラと同じシルデナフィル塩酸塩です。効果効能や副作用はバイアグラと同じですが、後発薬は製造過程や添加物などの成分が若干異なるため、有効成分の浸透ペースが異なる可能性があります。つまり、効果の現れ方に、若干違いが出ることがあります。

3029828.jpg

しかし、基本的に、シルデナフィルの働きは同様に作用しますから、陰茎の血管を拡張し、血流を良くします。勃起を妨げるPDE-5という酵素の働きを抑え、海綿体への血流の量を増やすと言う働きもあります。

シルデナフィルを服用後の効果の流れとしては、まず性的刺激により脳が興奮状態になります。脳から陰茎に対し刺激が伝わり、勃起を起こす合図が起こります。そして、血管拡張作用と、PDE5の酵素を抑える作用で、勃起を促し、長時間勃起が持続するようになります。

シルデナフィルの副作用
一般的に見受けられるのは、頭痛、紅潮、眼の充血、動悸、鼻詰まり、発疹、筋肉痛、口のかわき、胸焼け、眠気、下痢などです。これら副作用の多くは、カマグラゴールドの血管の拡張と血流を良くする働きによって起こりやすい一時的な症状です。薬の効果がきれるころ、だいたい服用して3時間半経つ頃、症状もおさまってきます。過度に心配することはないでしょう。ただ、頭痛が気になる方は、市販の鎮痛剤を併用することが可能です。

稀に起こる副作用として、視野が青くなる色覚変化・色覚異常が現れる場合があります。他に、重篤な副作用として、勃起が長時間続いてしまう持続勃起症や、急激な血圧低下があります。そして、高血圧、心筋梗塞、不整脈などが起こる可能性もあります。気になる症状が現れた場合や副作用が長引いている場合は、医師に相談してみてください。

併用禁忌薬
シルデナフィルと併用して服用できない医薬品があります。例えば、心臓病や血液関連で服用する、硝酸剤や一酸化窒素供与剤(ニトログリセリン、 亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)などを投与中の場合、服用は禁止されています。他に服用している医薬品がありましたら、併用しても良いか医師に必ず確認してください。

使用禁忌の方
シルデナフィルに対し、アレルギー症状を起こした経験がある方も服用できません。半年以内に、脳梗塞、脳出血、心筋梗塞などの病歴がある方、狭心症の方、低血圧・高血圧の方、網膜色素変性症の方、重い肝機能障害のある方が該当します。ほとんどが、血流が良くなりすぎることで、症状を悪化する可能性がある症状になります。命にも関わることですので、安易に服用しないでください。

使用注意の方
以下に該当する方は、シルデナフィル使用前に医師にご相談ください。陰茎の構造上の問題で勃起ができない方(陰茎の線維化・屈曲や、ペロニー病などを持つ方)、65歳以上の高齢者の方、未成年や女性の方、肝障害を持つ方、白血病の方、鎌状赤血球性貧血の方、多発性骨髄腫の方、出血性疾患または消化性潰瘍を持つ方です。